シンママとしての事

シンママとしての事

【子連れ離婚の気がかり事】子供の年齢と胸のうち

子連れ離婚での一番の悩み所って、やっぱり子供の事。大人の事情に翻弄されて、どんな思いでいるのか?どんな影響があるのか?親だからって全部が分かるわけでもなく...我が家の三姉妹のそれぞれの事。
シンママとしての事

離婚してから生活費足りない!と気づいた愚シンママが貫いた事

なんとかなるでしょ~と思っていた離婚後の生活。思っていたよりお金がかかる事が発覚!!どうする?どうする?で考えた人間関係を利用した対策のお話
シンママとしての事

子連れ離婚 小学1年【三女編】思い出すと今でもうずく罪悪感の事

離婚当時、小学1年だった三女がノートの隅っこに書き残した言葉を思い出すと今でも心臓がきゅってなります。
シンママとしての事

子連れ離婚 小学4年【次女編】その時の事や記憶の手繰り寄せ

小学生以下の子供達は、親の言いなりに行動を共にするしかない。 自分の意志を通すには力がなさすぎて、生きていくには大人の選択に従うしかないから。 これが、離婚をした事の最大唯一の子供達に対しての負い目です。
シンママとしての事

母子家庭の子供はいじめられやすい?子供だろうが舐め腐る奴は許さねー!

昔と比べて激増しているとはいえ、まだまだ少数派ではある母子家庭という環境は、いざ標的になってしまった場合、いじめの材料になる事も否めないと思っています。それはなぜか?ってお話と我が家の次女のお話とわたしが取った行動のお話です。
シンママとしての事

子連れ離婚 思春期高1【長女編】その時の事や難しさもろもろ

その子の性格・年齢・歳の差、それまでの親子関係、親の性格で一概には言えない子連れ離婚の最適な子供の年齢問題。結局、最適なんて時期はないんだろうけど我が家の場合はこんなでした。ってそんなお話です。