老後の生活はシンママバツイチ女が一番賢く生き抜ける!

女性が人生を駆け抜ける様子離別シングルの人としての事

子供を育てながら働いて

働きながら子供を育てて

シンママをやりきった、現在ただのバツイチ組はホント最強!

と自画自賛しているばっちまです。

 

だって、家族の何もかもを一手に引き受けて

何年も何年も世間の荒波を潜り抜けてきたんだから。

生き抜くスキルをどんだけ磨いてきたのか??って話

 

子供たちが巣立っちゃえば、自分一人の面倒くらい余裕じゃない?

言っちゃなんだけど、どこかに寄りかかって生きてきた人達に比べたら

生きる力の蓄え方が段違い。

老後資金2000万??ちゃんちゃらおかしいわ!!

スポンサーリンク

老後資金2000万も私たちには必要ない!

そもそも、金融庁が出したと言われている老後資金2000万円って

数字だけが独り歩きしてるけど、どこからどうやってはじき出して

どの分の事を言ってる金額か知ってますか?

良く分からないままに、その数字の金額だけみて恐れおののいてない?

 

この老後2000万円っていう数字。

これって。。。

日本で言う【高齢夫婦二人暮らし】

というモデルタイプを抽出しての数字

老後資金2000万問題の数字の出どころ

・総務省の2017年家計調査を元に出した平均値
※本来は、中央値で出すべき

・夫65歳、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯

・モデル世帯の平均貯蓄額 2484万円

・モデル世帯の実支出月額 26万4千円

・モデル世帯の実収入月額 20万9千円

・モデル世帯の実月額赤字5万5千円

 

赤字55,000円×予想寿命年数30年=1980万円

そして…暗に

平均で退職金とか年金とかで2000万円くらいあるってデータで出てるよ??

それ、取り崩しながらだったら90歳まで生きられるよね!

みたいな事を言ってるのね。

ばっちま
ばっちま

ないからっ( `ー´)ノ退職金も蓄えも!!

そして、モデルタイプからも大きく外れてるから!!

ちょっと、シングルバツイチとして考えてみようと思います。

 

高齢者夫婦の生活っぷりってこんなんか?

これね。コレ

老後の生活資金の平均をグラフにした資料
出典:厚生労働省年金局 企業年金・個人年金課資料

赤い矢印で指した緑の部分が5.5万円

なんだそうですよ。

 

モデルが『高齢夫婦無職世帯』だから、収支共に当てはまらないのは至極当然なんだけど

にしたってよ??

一般市民の老夫婦二人で【食料64,444円】も食べますかっ??っての!!

 

ぁ?食べるのか(;・∀・)??

成城石井や紀伊国屋で、100g1000円位の和牛のお肉なんかを

『美味しい物を少しいただければ( ´_ゝ`)ウフフフ』

とか言いながらの食卓だったら老人でも余裕で食べちゃいますね、きっと。

 

しかし、現実は!

50円前後の鶏むね肉をどうにか美味しく食べられるように工夫して

試行錯誤しながらのお家だったら?

安売りの時に買ったひき肉で作ったカレーを3日続けて食べてたら?

『老』じゃなくたって、こんなに食費にかからないでしょ。

ましてや、このままシングルだったら?

食費だけじゃなくて、他の費目も断然コンパクトに暮らしていける。

って見ていけば、263,718円も毎月いらないはず。

 

わたしが老後使いそうなお金と比較して表にしてみた

高齢者夫婦の生活費 計算すると上の表と1円違ってるけど…まぁいいとして。

 

我が家基準になってしまうけど(現在20歳の三女と二人暮らし)

将来、三女にも自立してもらうとしての
(夢のシニア一人暮らし目指してます!)

『老』バツイチシングルの一人暮らしの生活費予想と比較。

 

一般の家計簿とかけ離れた費目分けをされているので分かりにくいですが

現在の『私の』お金の使い方を参考に

老後の『私が』使うであろうお金を元に作成してみました。

高齢者モデル夫婦 生活費
  • 食料      64,444円
  • 住居      13,656円
  • 水道光熱費   19,267円
  • 家具家事用品  9,405円
  • 被服及び履物  6,497円
  • 保険医療    15,512円
  • 交通・通信   27,576円
  • 教育      15円
  • 教養娯楽    25,077円
  • その他消費支出 54,028円
  • 非消費支出   28,240円
  • 合計      263,717円
『老』バツイチシングル生活費
  • 食料      15,000円
  • 住居      15,000円
  • 水道光熱費   10,000円
  • 家具家事用品  10,000円
  • 被服及び履物  8,000円
  • 保険医療    10,000円
  • 交通・通信   20,000円
  • 教育      0円
  • 教養娯楽    5,000円
  • その他消費支出 10,000円
  • 非消費支出   20,000円
  • 合計      123,000円

ちなみに【非消費支出】っていうのは

非消費支出

固定資産税   持ち家じゃなければ無
健康保険料   約5000円(介護保険料含)
自宅火災保険料 約1000円
市県民税    約2000円

等で、ざっくり一人暮らし老人で計算してみました。

 

ばっちま
ばっちま

ちょっと注釈が必要な費目の言い訳してみるよ

【住居】…親のどちらかが亡くなって残った方が動けなくなったら介護込みで実家住まいになりそう…(・´з`・)
腹違いの弟がいるけど家建てちゃったし…

【家具家事用品】…家電などの買い替え分も含めて

【被服及び履物】…理美容も入ってる。現在も意外と多め

【交通・通信】…田舎の為、自動車必須!
免許返納したらタクシーや公共の交通機関等の使用も考慮に入れて。

【その他消費支出】…交際費や臨時出費含む

 

たぶん、そんなにカツカツで計算してないはず。

 

齢を重ねて心配なのは医療費だと思うけど

【高額医療費支給制度】っていうのがあるし

 

無駄な医療を受けない

たくさんのお薬をのまない

延命治療も予防治療も先進医療も受けない

 

『足るを知る』で、自然な寿命でいいと思ってます。

 

なんなら、癌もかかったら治療はしないつもり。

痛みさえ取ってもらえれば。

 

となると、『老』バツイチシングル生活費って

こんなもんかな~??って、おぼろげながら予想がつきます。

 

一人分 収入が無いじゃないかっ!!って?

確かにです。

このままシングルだとすれば、自分の分しか年金収入は入ってきませんから。

でも、この高齢者夫婦って無職世帯なんですよね。

65歳から年金もらうからって、スパッと仕事やめて隠居生活に入るかな?

このご時世で。

 

ちなみに、現在のわたしの年金定期便からの予想年金額は

月額   約100,000円

生活費  約123,000円

不足分   23,000円

それでも 月 約2万5千円ほど足りない( ;∀;)

 

でもね。足りなかったら、働ける間は

あと、3万円稼げばいい。

月3万円くらいなら、高齢者だって稼げる金額だと思うの。

余力があったら、もっと稼げばいい。

年金貰うようになってからだって、稼げば資産形成は可能って事。

 

そしたら

スポンサーリンク

働けている間は生活費の足りない分は発生しないし

逆に、まだまだ将来に向けて余力をつけられる。

 

一人だからって、全然 怖くない!!

逆に一人の方が自由な分いくらでもやりくりできる!!

って思っちゃうんだけど楽観的過ぎですかね?

老後不安?『案じてばかりじゃつまんない!』元シンママバツイチ貧民編

 

シンママとバツイチの生活がスキルになってる!

え~?!年金貰うようになったら働きたくなぁ~い!!

って思っちゃいますか?

シングルマザーをやり終えたバツイチのスキル1『働き癖』

これ、スキルって呼んでいいのか疑問だけど

老後を一人で生きていくには『ひょうたんから駒』的なスキルだと思っています。

 

長年、一家の大黒柱をやってきたシンママは家に居られない体質になっています。

定年後に生ごみ扱いされちゃう、お父さん達と同じレベルで働くことが身に沁みついちゃってる( ;∀;)

そして、働かなくなった時の反動がすごい!!

 

わたし 去年 転職しました

十数年間務めた葬祭業から事務職へ。

辞める時に、たまりにたまってた有給休暇40日間を全部使い果たしました。

更に、転職活動という名の命の洗濯期間として1か月弱…

併せて2か月ちょっと ただただ、家に居たんですけどね。

 

病む!!

心が疲れてうつ状態の様子

 

3日、5日、1週間、10日…ひと月と

ただただ、(゚‐゚*) ホケーッ・・・っとしてるとですね。

人としての営みを放棄するようになります。

 

日を追うごとに出かけたくなくなる

から↓

身だしなみに気を使わなくなる

から↓

毎日、お風呂に入らなくなる

から↓

人と会いたくなくなる

 

更に、寝る時間が夜中の2時~3時になっても焦らない

眠いから昼間いくらでも寝る

で、生活のリズムが崩れに崩れる

 

これらのスパイラルで廃人化。

 

まだ、三女が一緒に住んでいるので

家族といえども気を使う部分があったし

家事も回さなきゃいけなかったので、なんとか寸止めで持ちこたえていたけど

これ、食事や洗濯、掃除なんかいつやっても、やらなくても

誰も困らないし怒られない一人暮らしだったら落ちるとこまで落ちただろうな…

が本音です(;・∀・)ワタシダケ?

ばっちま
ばっちま

あ~、もう働きたくない!!

寝たままお金が沸いてくればいいのに~

遊び惚けて楽しく暮らせれば、どんなにいいか~

 

なんて、思いますよ。今でも。

でも、やっぱり何かの縛りがないとキチンといられない私。

これが、経験上分かっているので

細くていいから外との繋がりを保つために

無理にでも、自分のお尻を叩き上げつつ

なんでもいいから働いた方がいいだろうと思っています。

シングルマザーをやり終えたバツイチのスキル2『節約癖』

シンママの頭の中には

少ない収入で、いかに生活を回すか?

が常にぐるぐる回っているはず。

 

食費一つとっても

・食材の工夫…安い食材の調理法やアレンジ

・買い方の工夫…安いスーパーのお得情報

・無駄のない工夫…食材使いきりレシピ

などなど。

 

あと、悲しいかな自然と『我慢する』事も当たり前に身についちゃってたりします。

自分の娯楽部分の取捨選択に長けていて

当たり前すぎて、我慢している事に気づかない事も。

 

長年やってきた節約術は、老後に至っては更に磨きがかかり

一人になったあかつきには誰に遠慮する必要もなく思うように

究極の『お金を使わない生活』

ってやつをどこまで試せるのか??

と、ちょっとワクワクしたりしています。

 

子育て中は、あまりケチケチしすぎるのも良くないしと

使うところには使う!で散財してきた部分もあるので

 

シンママ時代の子育て中に得たスキルを

老後の清貧生活に思う存分試してみようと企んでます( `ー´)ノ

貯蓄と清貧 どれだけできるか楽しみでしょうがない!

ばっちま
ばっちま

あれれれ?やばいんじゃないか?

と、ずっと先だと思っていた老後の事を考え始めて、ここ数年。

全く興味のなかったというか

余力もないし自分には無理無理!!と諦めていた投資の事も調べて

始めてみた老後資金対策。

 

●掛金の全額が節税対策になる『確定拠出年金iDeCo』

最低掛金の5,000円+1,000円で毎月6000円を2018年11月から

 

●非課税で投資できる『つみたてNISA』

毎日800円×投資稼働日 月に約16000円を2019年2月から

 

この2つを先取り貯金のつもりで始めて分かったこと。

ある時貯金では貯まらないはホント!

銀行に貯金したら大損する!

っていう事を身をもって知りました。

 

この分は、全て老後の資金に回す予定の財産。

確定拠出年金iDeCoは60歳までで、3%の利回り計算で約100万円

つみたてNISAは20年で、同じく3%の利回りで約500万円

 

気が遠くなるような長い年月をかけてちびちびと

計600万円貯まる予定。

 

子育て終了して、完全に自立してくれたらもう少し掛け金増やして

最終積み立て金額を増やそうと思ってはいますが、どうなる事やら。

 

でもね、バツイチシングル版の『お金を使わない生活』の合わせ技で

ばっちま
ばっちま

どこまで、自分に合った老後の生活を楽しめるんだろう

って、実は密かに楽天的に希望的観測をもってワクワクしている所です。

老後の生活はシンママバツイチ女が一番賢く生き抜ける!のまとめ

シングルバツイチおひとりさまって、思っているほど弱みじゃないんだ!!

って、自信をもってもらいたくて赤裸々な私のお金の話もしてみました。

 

どうしよう…。一人で生きてくなんて不利すぎる。

困った、困った。お先真っ暗…

 

って、思考も行動もネガティブに立ち止まったままだと完全に弱みになってしまうから

シングルマザー時代、がむしゃらに乗り越えてきた行動力と対応力を

今度は子育てや家族の為じゃなくて、自分の為に使ってみて。

 

【つみたてNISA】とか【iDeCo】とか全然分からない!( `ー´)ノ!

調べたって情報が断片的で分からない!<(`^´)>!

ってそんな人は、いまならWEBで無料講座が受けられる

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」

●自分の『これから』を明確にして

●自分に合った方法の情報を手に入れると

●不安にまみれた『今』が生きやすくなると思うの

 

ただ、もやもや不安がってるのって『分からない』『情報不足』からくるから。

あの人は知ってて得してる?

わたしは知らなくて損してる?

って悔しくないですか?

ページ右上のまずは無料WEB体験ってとこから行くと

通常1000円の講座が無料になるのでお間違いなくですm(__)m

 

これからの資産形成の事も

分からない!出来ない!じゃなくて

思い立ったらすぐ調べてやってみる!

あーだのこーだの横やりを入れてくる邪魔者がいないんだから

好きなようにできる。

 

生活するためのお金も、自分の考えだけで使うも使わないも決められる。

自分以外に勝手に出費する人がいない。

 

これって、シングルバツイチおひとりさまの最大最強の強みです!

おしまい。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

36歳で3人娘を連れてシングルに。
あれから十余年。
当初の記憶が途切れ途切れなのはなぜでしょう( ;∀;)
いよいよ、子供達も成人を迎えて肩の荷を下ろせると思ったのに
【母子家庭】の称号が外れたら外れたで様々に悩む事があると改めて気づいてアタフタ。
でもね。
あの頃より心は、かなり穏やかです
これは単に歳からくるものなのか?
感情の積み重ねの成長のおかげなのか?
途切れている記憶を掘り起こしたり振り返ったりしながら
心と未来を整えて迫る老後と終わりの準備を粛々と。

ばっちまをフォローする
離別シングルの人としての事
ばっちまをフォローする
シンママの称号が取れたらただのバツイチ

コメント