50代女性の転職の現実。。。条件下げて派遣会社で職探してます!

ハローワークの転職サイトで職探し転職日記

50代女性という世間の認識を客観的に思い知り

身の程をわきまえての仕事探しに向き合おうと

ハロワ転職に行き詰まり派遣会社で仕事探し!!アラフィフは藁にもすがるで、目の敵にしていた派遣会社も転職の手段として使ってみようと方向転換したわたし。

↑の記事にも書きましたが、最初は友人からの情報で時給1700円という地方にしては破格の時給に釣られて。

 

やっぱり、時給が破格なだけにできれば避けたい職種ではあります。

でも、四の五の言ってる場合じゃない瀬戸際転職。

正社員だ!キレイ仕事だ!ホワイト企業だ!定時上がりだ!

と全てを望んでいる場合ではありません。

 

ハロワで探すよりも派遣会社の方が守備範囲が広くて情報も多い。

それに何より、求人に応募する敷居が低いから就活もサクサク進む!

そこから、幸と出るか?不幸と出るか?

派遣会社への沼にずぶずぶと溺れていくってお話です。

スポンサーリンク

50代女性が転職に疲れた時の救世主が派遣会社だった話

お仕事探すなら、ハロワ!

だって、【職業安定所】よ?

安定の職安で決まり!!

と、3社立て続けに応募してみたけれど、あっけなく不採用…

アラフィフ転職はハロワで手堅く探す!で撃沈した話

ハロワで応募したけど3件不採用

最後の、不採用の通知が郵便で届く前から派遣会社を視野に入れた就活を始めました。

と言っても、派遣会社なんてどこがいいのか皆目見当がつかない。

 

LINEで

友人からの派遣会社の求人情報

と、時給1700円のお仕事情報を教えてくれた友達が、以前働いていた派遣会社は

この時給1700円のお仕事を1350円で募集。

派遣会社によっては、同じ企業からの求人で同じ仕事でも時給に350円も差があったりするんです。

 

という事は、企業って派遣会社に一人の人材に対していくら払ってるんだ?

そして、派遣会社はいくら上前跳ねてるの?

なんて事も勘ぐっちゃうわけですよ。

ハローワークと派遣会社の根本的な違い

そこが、ハローワークと派遣会社の大きな違いで

仕方ないと言えば仕方ない。それで、経済が回ってる。私たち求職者の経済も含めて。

 

派遣会社も上前をはねて利益があるからこそ

仕事にあぶれて困ってる私のようなアラフィフにも、お仕事が見つかるようにお世話をしてくれるわけです。

 

ハローワークじゃそうはいきません。

ハローワーク建物

公共の機関ですから、やるべき事を淡々とこなすだけ。

相談員の人柄にも多少は左右されるけど、こちらからのアクションに事務的に応じるだけってのが基本です。

昔ながらの方法で、企業から頼まれたら求人情報を出す。

その求人情報を見た求職者から応募したいと言われたら紹介状を出す。

って、それだけ。(他にも雇用促進の研修やら雇用保険、失業保険なんちゃらのお仕事はしてるけど)

 

かたや派遣会社は、営業さんが企業からお仕事をもらってきて、そのお仕事を求職者に紹介する。

お仕事を紹介した人材が優秀ならば、企業もこの派遣会社からの人材は使えるからと、またお仕事をくれる。

お仕事の種類や案件が多いと、そこに良い人材が集まる。

その人材の中から、企業に合った人材をマッチングさせる事で更に企業からの評判も良くなる…更に更に。。。

と良い派遣会社は、このループで企業からも求職者からも求められる派遣会社になっていくわけです。

 

そして、もう一つの大きな違いは、求職者は派遣会社を通してお仕事が決まったら

派遣会社と雇用契約を結んで、派遣会社からお給料を貰うってところ。

一定条件で派遣で働き続ければ社会保険も源泉徴収も全て派遣会社でやってもらう感じです。

 

たいてい、一定の期間が過ぎれば実際に働いている企業の直接雇用に移行して派遣会社とは一旦縁が切れる事が多いです。

でも、『ハケンの品格』の大前春子のように派遣会社の無期雇用になる場合もまれにあるっていうからな…。

派遣会社の多さにわけわからんっ!!

とにかく、派遣会社が初体験のわたしとしては、

どこがいい派遣会社か?

なんて、全然分からないわけです。

 

で、まず試しに友人情報の時給1700円の募集に応募してみたんです。

応募するって言ったって、ただお仕事紹介のページにある

応募する

ってボタンをクリックするだけ。

すると、その派遣会社の場合は

【氏名】【生年月日】【住所】【パソコンスキル初級・中級・上級】

を記入する程度のフォームに飛ばされて記入したら送信。

で終了。

ばっちま
ばっちま

え?こんなので応募した事になるの??

何か、お返事あるのかと思いきや無しのつぶて。

ばっちま
ばっちま

普通、自動返信だとしたって「ご応募ありがとうございました」とか何とかありそうなもんじゃない?!

わたし、送信ボタン押さなかったのかしら?と思って2回も応募しちゃったわよっ!!

恥ずかしい(-"-怒)

 

結局ここは、メインのエリアが東京近郊のようで地方の人はあまり相手にしていない派遣会社だったみたいです。

数日後に、わたしから問い合わせた所

こちらの求人は、このお仕事の経験者で、東京から〇〇に引越しをする方がエントリーされていて、すでにその方の採用がほぼ決定している状態です。

と、サラっとかわされて終了~

ダメだこりゃ┐(´Д`A;)┌

 

ここで、派遣会社を一つ一つピンポイントで当たってお仕事を探すんじゃなくて

お仕事をまとめて紹介してくれる所が便利だと気づいた!

 

インディードとか、リクナビ派遣とか聞いた事ありますか?

勝手に、こういうのも派遣会社なのかと思ったら違うんですよ…(;・∀・)無知過ぎるだろ

 

ざっくり言っちゃうと、派遣会社の枠をとっぱらって様々なお仕事の検索ができるまとめサイトみたいな感じ。

希望職種や勤務地や条件を設定すると派遣会社の区別なく提示してくれるから、すごーく探しやすい!

検索結果で「コレどう?」と思ったお仕事をクリックすると詳しい内容を見る事が出来て

どこの派遣会社が出してるお仕事なのかが分かる。

気に入ったら、そのままエントリーする事もできるし

キープするをクリックすると自分のキープしてあるお仕事をまとめて後から閲覧する事もできる。

更に、似たようなお仕事があればメールでお知らせもしてくれるから見逃しもない。

 

派遣会社だけで探していると、ピンスポットで派遣会社のサイトまで行っていちいち探さなきゃいけないから効率悪いでしょ?

派遣会社によって、取り扱ってる求人と扱ってない求人もあるし、得意な業種(事務系・工場系・接客系・短期)も違うしね。

スポンサーリンク

職探しに疲れた…ハロワより派遣会社の方が楽な事

人って、自分で考えるのって面倒くさいじゃないですか。

いや…それじゃいけないっていうのは分かってます。

仕事をするうえで、それが一番求められる事だっていうのも分かってはいます(;’∀’)

分かっていても、どうしても楽や効率を無意識に選んでしまう_(:3 」∠)_

 

わたしが、本当に嫌だったのが履歴書や職務経歴書の書き直し。

履歴書を何枚も書くの面倒くさい!

ハローワークの求人だと、未だに履歴書は手書きの方が印象がい良いみたいな雰囲気だから応募する度に書かなきゃいけないし

自分のアピールポイントも企業ごとに求められている業務に微妙に合わせて書き直し…

でも。派遣会社だったら登録する時に、自分の履歴や職務経歴を入力してしまえば応募の度に書き直す必要はないから楽ちん!

 

そもそも、昔から自分の短所・長所を考えなさいみたいなのって大嫌いな作業だったから嫌で嫌で。

なんだ?自分のアピールポイントって…?

人に自慢できることなんてないし

アピールできるほどの長所って言われてもなぁ~…って考える事自体が嫌になって思考停止。

 

で、これ面白そうだし役に立つんじゃ??ってなったのが

リクナビNEXTっていう、お仕事紹介サイトに登録するとできる自分診断

リクナビNEXTの自分診断のバナー
出典:リクナビNEXT

占い気分なのが、また楽しい…

リクナビNEXTの自分診断の種類
出典:リクナビNEXT

質問に答えるだけで、【あなたはこんな人】みたいなシートが出来上がる。

こういうの女性は特に好きだよね。

私ってどういう人??みたいなのって(・∀・)

 

ちなみに私の診断シートは…

リクナビNEXTの自分診断シート

一部ですが、こんな感じ(*ノωノ)

このグットポイント診断はリクナビNEXTに登録するとできます。

 

ただ、この『リクナビNEXT』は、転職サイトなので、どちらかというとまだまだバリバリ現役でスキルアップしつつ正社員の転職を望む人向けです。

取り扱っている求人情報もスキル高めの人向けで、アラフィフの、それもスキル低めの学歴なしの私には合わないので

同じ系列の『リクナビ派遣』から探してます(;´・ω・)

 

それでも、派遣会社を通して求人の応募をする時の自分のアピールポイントを知っているのは強みになるし

派遣会社によっては、登録の時にアピールポイントを任意で記入する所もあるので、この『自分診断シート』は自分を客観的にみるのに参考になりました。

 

派遣会社に、いくつか登録してみて分かった良い派遣会社の見極め方と気を付ける事

リクナビ派遣で探したお仕事をたどって、わたしが登録してみた派遣会社は7社Σ(゚Д゚)

思ったより多い…

なぜかと言うと、派遣会社によって取り扱う業種の違いがあるから。

地元密着型・事務系・工場、軽作業系・短期

と、探して気になるお仕事が出てくるたびに登録してたら7社もになっちゃったけど(汗

登録はしてみたけど、この派遣会社使えない

( ̄ー ̄)ノ” ゜ ポイッ

って所もあるから、実質使っているのは4社くらいです。

 

使える派遣会社と使えない派遣会社の差

わたしが使える派遣会社だって思う条件は。。。

●自分の住んでいる地域の求人がある事

住んでいる地域や場所によっても違うけど、一番の条件は

これに尽きます。

引っ越してまで働きたい!って場合じゃない限りは求人が無い事にはお話にならない。

●自分の住んでいる県に支社や営業所がある事

自分が住んでいる県に本社があるという事じゃなくて

支社だったり、営業所があって、地元の企業や人材と密に連絡がとれるような担当が配置されている事。

ハロワ転職に行き詰まり派遣会社で仕事探し!!アラフィフは藁にもすがるで友人が言っていたのは本当でした。

求人に応募して、じゃあ職場見学ってなった時に、一緒に行ってくれる担当さんが遠く東京からわざわざ来るとか手間だし、経費かかるし、日程調節で手間取る。

おまけに、企業との繋がりが薄くて信用されにくい。

これ、ほんと大切。

 

ってなると、やっぱりなんだかんだ大手になっちゃうのかな?って気はします。

●こちらのアクションに対してリアクションがある事

例えば、リクナビとかから[応募する]でエントリーした場合でも必ずなんらかのリアクションがある事。

派遣会社によっては、急募だったり募集終了間近の求人に関しては数時間後に電話がかかってきてビックリする事もあったくらい。

たとえ自動返信でもいいから、なんらかのリアクションがないと話が進みません!

とりあえず、美味しそうな求人をぶら下げて人材を集めるだけ集めて、使えそうな人材だけピックアップして、あとは切り捨て!感がムンムンで信用できませんでした。

登録する時に気を付ける事

とにかく、どこに登録したのか分からなくなります(;´・ω・)

●求人サイトに登録したのか?

●派遣会社に登録したのか?

●どのメルアドで登録したのか?

●パスワードは何にしたのか?

●IDが配布されたか?

まずは、メモする事!! とにかく、すぐメモる事!!

少なくとも

登録した所の名称

登録したメールアドレス・パスワードをメモリましょう!

携帯やスマホのメモ帳アプリでもなんでもいいので。

 

更に欲を言えば、どこの派遣会社にどんなお仕事を応募したか?もメモると尚よろし。

たいてい、登録すると自分のマイページが出来上がって

自分が閲覧したお仕事やエントリーしたお仕事。果ては、成立しなかったお仕事などなどの情報が蓄積されていきますが…

その派遣会社のマイページにログインしないと分からない。

 

私のように、いくつも登録しているとイチイチ見に行くのが面倒くさいので

手元で見れる手帳や、スマホに入れておくと一目で分かるので便利です。

まとめ:50代女性の転職の現実。。。条件下げて派遣会社で職探してます!

50歳を超えての転職は本当に厳しい。

前回の転職アラフィフ女の転職はホントに厳しい!薄い人脈でも役に立った話

の時は、人と人のつながりの行ってみればコネ転職ですんなりと転職しちゃったけど

コネはコネで難しい部分もあり、結局は上手くいかず…

 

今回は、本当に身に染みて厳しさを噛みしめています。

決して、ハローワークの転職はダメって言うわけでは無くて

不採用が続くと、もうこりゃ数こなしていかないとダメだわ…となり

数をこなすには、ハローワークじゃやり切れません。

 

そこで、正社員じゃないけど・条件も望んでいるより下がるけど

派遣会社で探すと言う選択をしました。

 

〇派遣会社も千差万別様々あるのでリクナビ派遣などを入り口にして

〇好みのお仕事を選択してから、派遣会社に登録

〇登録時の自己アピールの部分はリクナビNEXTで自己診断をして己を知って書き込み

〇派遣会社に登録したら、メモで整理する

〇自分に合う派遣会社が見つかったら、その派遣会社でも検索してみる
(たまに、リクナビで掲載していない掘り出し物がある場合も)

 

派遣会社でお仕事を探す、ちょっとしたコツです。

次は、紹介してもらった職場に見学に行ってきた!お話からめてアラフィフイチオシの派遣会社は?です。

50代転職ジプシーのNO.1派遣会社…アラフィフは情に弱い

おしまい。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

36歳で3人娘を連れてシングルに。
あれから十余年。
当初の記憶が途切れ途切れなのはなぜでしょう( ;∀;)
いよいよ、子供達も成人を迎えて肩の荷を下ろせると思ったのに
【母子家庭】の称号が外れたら外れたで様々に悩む事があると改めて気づいてアタフタ。
でもね。
あの頃より心は、かなり穏やかです
これは単に歳からくるものなのか?
感情の積み重ねの成長のおかげなのか?
途切れている記憶を掘り起こしたり振り返ったりしながら
心と未来を整えて迫る老後と終わりの準備を粛々と。

ばっちまをフォローする
転職日記
ばっちまをフォローする
シンママの称号が取れたらただのバツイチ

コメント