憂鬱は自粛のせい?孤独好きだったはずなのに落ち込みキタ!

自粛で憂鬱な気持ちに落ち込むメンタルメンテナンス

人付き合いが苦手な自分にとって自粛要請なんてへっちゃら!へっちゃら!

ひとり時間大好きだし、いつもとたいして変わらないし

おひとりさま上級者のこの私が自粛のストレスで憂鬱とか(ヾノ・∀・`)ナイナイ

なんて慢心していたわたし。

 

ところが...

ん…?なんか気分が落ち込んでイライラしてる?

 

から自己否定MAXに陥って暗く沈んでいったお話

▼続編▼

イライラする自分の醜さに落ち込んでやってみた事と気づいた事 

スポンサーリンク

外出自粛要請が出たって平気!だと思っていたわたし

自粛で外出できないストレス

おひとりさま歴もそこそこ長いし、もともと人付き合いも苦手だし

ひとり行動好きだし、インドアだし~♪

自粛だってなんのその!

全然従っちゃうよ!

#Stay home でインドアが推奨されるなんて出不精としては

逆にちょっとホッとする(;・∀・)

なんて思ってたわたし。

 

お休みの日は、いかに出掛けずにすむか?が最優先。

 

滅多にない事だけど、たまに人から誘われても

一人時間欲求とお出掛け欲求を天秤にかけて

今週は、ひとり時間が大切だと思えば何とかかんとか上手い事言って断ってしまう事も。

 

月に4回週末があるとして、そのうち1回お家で過ごせる週末が奪われたら

あとの3回は、できればひとり時間を過ごしたい。

更に週休2日のうち、1日潰れたら、あとのもう1日は家での時間に使いたい。

 

対 人と過ごす過ごさないって事だけじゃなくて、そもそも家から出るのも億劫で

例えば日曜日の夜の夕飯メニューに困っても

何とか冷蔵庫やストック食材で出来るものはないか!と無理やりひねり出して

意地でも買い物に行かずに済ませたい。

 

...普段からこんな引きこもり寸前な感じなので

 

自粛要請が出ても

緊急事態宣言で自粛が強化されても

私にとっては、へのへのかっぱだと思っていました。

気分が落ち込む??憂鬱が襲ってきた!なんか変!

ところが、コロナ疲れで自粛ムードが緩んだって言われた3月の3連休後に出された

外出自粛強化会見から3週間ほど経った4月半ば頃から異変が…

まず感じた気持ちの異変

・人の悪いところしか見えなくなってる

・気づいたら愚痴っぽくなってる!

・何かにつけて文句を言いたい気持ちになってる!

イライラ!

 

ある日、会社でふと気づきました。

70代のおばちゃん社員の杓子定規で融通の利かない物言いや

社長のワンマンな言動などにいちいちカチンカチン頭にきて

心の中で、はぁ~っ?? はぁ~~~っ?!の連続。

 

ちょっとした事に対してもつっかかりたい気分。

まるで、反抗期の子供みたいに。

 

ちょっと、その状態になるまでの経過を追ってみたいと思います。

3月の初旬~ 娘の行事がことごとく中止に

3月初めといえば卒業式シーズン。

我が家の末娘も短大が終わって、小学校から始まった学生生活の最後の最後の締めくくりとして

大トリの卒業式を迎えるはずでした。

 

でも、この頃から様々なイベントや集まり事が中止や延期になり

卒業式も代表者のみの縮小バージョン。

学校に行く事も禁止されました。

 

卒業式当日は、せめて写真だけでもと袴姿で写真を撮って母娘ともども納得する事に。

 

でも、一番やるせなかったのは3月19日から10日間ほどドイツに卒業旅行で行く予定を泣く泣くキャンセルしてた事。

今となっては、行かなくて良かった...んですが

その時は、どこにぶつけたらいいか分からない怒りと悔しさで号泣していた娘。

 

そして、どうしてあげる事もできない親としての悔しさ。

ウィルスを一個一個指で潰して回って治まるなら、潰しまくってやる!!

と幼稚極まりない妄想をしてみたり(;・∀・)

 

ここから、しばらく続く娘の不機嫌モードに付き合うのに多少のしんどさも感じていた時期でした。

3月後半~ 海外の入国制限強化や帰国者の2週間の隔離などが始まった頃

三女
三女

なんで?なんで、こんな目に合わなきゃいけないの?

と憤っていた娘もヨーロッパ各国のロックダウンの様子や海外から出国できなくなってしまった日本人の情報で

三女
三女

あ...これは行ったらヤバかった。

と思えたらしく自暴自棄になっての散財や八つ当たり的な不機嫌さも消えていきました。

 

まだ、本当の意味で身近に迫る危機だとは感じていなかった日本でも

いよいよ、これは正常性バイアスにかかっている場合じゃないんじゃないか?

と考え始めた頃。

 

娘の不機嫌の山を越えた頃から、わたしのしんどさも落ち着き家の中のどんよりした空気も快方に向かいました。

4月初旬~ 緊急事態宣言

4/7に、安倍総理から緊急事態宣言が7都道府県に発令されました。

 

仕事は『古的現場第一主義』がモットーの会社なのでテレワークなどになる訳もなく、つつがなく毎日出勤。

でも、この頃は意外と平安な日々を過ごしていました。

夜や休日はグータラお家時間を満喫。

4月中旬~ 地元付近でも発生しだして地元twitterもざわつき出す

いよいよ変になってきた頃。

最初は気づいていませんでした。自分が変だという事に。

ばっちま
ばっちま

変なのは周りで、イライラさせられてホント勘弁!!

どいつもこいつも分かってないっっ(`Д´)

ったく!!ったく!!

 

なんて自分の正当化する事にやっきになって

と同時に、お出掛け大好き!集まり大好き!の同じ年の同僚の朗らかさに改めて気づいたんです。

 

社長の言動にもイラついている様子もなく

融通の利かないおばちゃん社員にも『???』と思ってもサラッと流すか、当たり障りなく明るく対応。

 

同じことで、彼女と私、なんでこんなに受け止め方が違うんだろう?

 

この時、これが本当の自分なんだ。

わたしって結局ダメな人間だ。

と自己否定でボコボコになりながら、でもまだ憤りやイライラの気持ちも消えないままでした。

 

人付き合い苦手なのも資質だし

嫌な事を無理やり我慢して、心にもないおべっか使ってまでいい人ぶる必要ないよね。

一人が居心地良いとか孤独を楽しめるなんて最強じゃん!

人と一緒にいないと寂しくてたまらないとか依存でしょ?

とか何とか上から目線で慢心してたけど

 

それって...ただの自己満足で

スポンサーリンク

自分のダメな部分を正当化するための都合のいい、言い訳にしてただけなんじゃ?

 

人と上手くやっていけないわたしは、やっぱりダメダメ人間...

って、どんどん自分を追い込んで暗く暗くなっていきました。

偽おひとりさま上級者の露呈...

『おひとりさまレベル』って見た事ありますか?

出典元によって内容は様々で微妙に異なるけれど

これができたらおひとりさまレベルいくつです!みたいなやつ。

 

例えば...

レベル1 ひとりファーストフード・カフェ・喫茶

レベル2 ひとりファミレス・定食屋(チェーン系)

レベル3 ひとり映画館・美術館・水族館など

レベル4 ひとりラーメン・牛丼・回転ずし・定食

レベル5 ひとりカラオケ・ライブ・スポーツ観戦

レベル6 ひとり焼肉・居酒屋・イタリアン・寿司・バー

レベル7 ひとり国内旅行

レベル8 ひとり海外旅行

レベル9 ひとりレジャー(遊園地・ゴルフ・ボウリング・キャンプ・海水浴・スキーなど)

レベル10 ひとり高級フレンチ・料亭

出典元:OTONASALONE 

これ、レベル8までは余裕だし!

わたしって自立してるぅ~~♪なんていい気になってたんですよ。

 

自立こそ正義!

おひとりさまを淡々と生き抜ける人こそ、どんな世の中になっても最強でいられる。

もっと言っちゃえば、どこかに寄りかからなきゃいられないなんて...

情けなっ(;^ω^)

 

なんて思ってたんです。

いけすかない奴っ!!

 

今でも、本当の意味でのおひとりさまは最強だって思っています。

 

【おひとりさま】という言葉が広まった元は故岩下久美子さんの『ひとりさま』という本から。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 おひとりさま /岩下久美子(著者) 【中古】afb
価格:200円(税込、送料別) (2020/4/23時点)

 

岩下さんが広めたかったおひとりさまの定義

・個が確立できた大人の女性

・仕事も恋もサクセスする為に身につけるべき生き方の哲学

・individual(個々の、故人のという意)

・自他共生していく為のひとつの知恵

そして、【おひとりさま】の著書の中では

おひとりさまとは

・自立できている。

・一人でも楽しめるし、かつ他人とも関わることができる。

・結婚しているか、未婚か、恋人がいるか、いないか、とは関係がない。

・自分で自分の時間を一人で使える。

これこそが真正おひとりさまだと言っています。

 

これ最強でしょ?

どうなっても生きていけそうだと思いませんか?

 

わたしは違ってました。

確かに、一人で行動する事も平気だし

ひとりの時間がないとストレスだし

いくらでも自分の時間を自分に使えるけど

そんなのは全然すごい事でもなんでもなくて、ただの人嫌いの偏屈おばさんなだけ。

 

2月の終わりにこんなリツイートしてるけど

荒川さんの言ってる事、きちんと理解してなかったな。

と気づきました。

これも

孤高のぼっちじゃなくて、単に孤立してる人だったのかな?

と気づいてからの再浮上できた話を次の記事でしてみたいと思います。

まとめ:憂鬱は自粛のせい?孤独好きだったはずなのに落ち込みキタ!

誰もが、不安や恐怖や憤りを感じてる時期。

ただ、自粛のストレスだけじゃなくて色々な事情が絡まって

自分でも気づかないうちに、いつもの自分じゃなくなってる事もあります。

怒りっぽくなったり、涙もろくなったり、変に強がったり。

そして、気づいたときに自己嫌悪に陥ったり自己否定に走って

自分を自分でいじめて精神的に痛めつけて、気持ちが持たなくなって憂鬱MAX!

わたしは、こんな流れで気持ちが落ち込んでいきました。

人って複雑です(;´Д`)

今は、なんとか盛り返して会社でも上手く立ち回ってます(。-∀-)

次回は、ギリギリ挽回したお話です。

イライラする自分の醜さに落ち込んでやってみた事と気づいた事 

最後まで読んでくださりありがとう(・∀・)

赤村バナーをぽちっとしていただけると頑張れます

ブログランキング・にほんブログ村へ
離婚や別離ブログを集めたページはこちら
読んで戴きたいブログさん達
スポンサーリンク
この記事を書いた人

36歳で3人娘を連れてシングルに。
あれから十余年。
当初の記憶が途切れ途切れなのはなぜでしょう( ;∀;)
いよいよ、子供達も成人を迎えて肩の荷を下ろせると思ったのに
【母子家庭】の称号が外れたら外れたで様々に悩む事があると改めて気づいてアタフタ。
でもね。
あの頃より心は、かなり穏やかです
これは単に歳からくるものなのか?
感情の積み重ねの成長のおかげなのか?
途切れている記憶を掘り起こしたり振り返ったりしながら
心と未来を整えて迫る老後と終わりの準備を粛々と。

ばっちまをフォローする
メンタルメンテナンス
ばっちまをフォローする
シンママの称号が取れたらただのバツイチ

コメント